<   2004年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日本語の優れた特徴を活かそう

語学マイスター あぢゃんです(*^_^*)

この記事は、ついに創刊した、
メルマガ:凸凹マイスターが教える「英語サイエンスニュース」
の関連記事として書いています。メルマガの登録がまだの人は、
ぜひぜひ登録してください!

このブログでは、語学力向上に役立つ記事を提供します。

しばらくは、日本語を考えることで英語力を向上させることを
目指して記事を書いてゆきます。

このブログの、日本語に関する記事のみを並べるとつながりがよ
く分かりますよ。
日本語カテゴリーの記事

さて、
今日は、日本語文法について考えてみます。皆さんが試せるよう
に、ツールとしてWeb上で公開されている自動翻訳ソフトを使っ
てみようと思います。

使用するのはexcite翻訳powered by Amikaiです。


今回も美しい日本語の要、「は」についてです。

こんにゃく文と言われる文があります。
日本語の文法研究では有名な文のようです。

「こんにゃくは、太らない。」

早速、自動翻訳してみます(結果は予想できますね)。

Konnyaku does not grow fat.

解説するまでもありませんが、powered by Amikaiの解釈によ
れば、「こんにゃく」が、続く動詞の動作の主体になっています。

太ってふくれてゆくこんにゃくって・・・想像してしまいました。

さて、「言語学のかほり」以前の記事でこんな文を書きました。


いわしは、背骨を取り、衣を付けて油で揚げてください。

早速自動翻訳してみますか。

A sardine should take the backbone, should attach
clothes and should fry them in oil.

(笑)・・・衣=clothesなのね。

ちなみに、以下のようにするのが分かりやすい、というか正しい
訳です。

Remove the backbones from sardines, coat them in
batter, and deep-fry them.

この文の主語は(命令形なので表れませんが)一貫してyouです。

これらの例で分かるとおり、翻訳ツールは、「○○は」という言い
方を期待通り間違えてくれました。英語にするときに主語にしてし
まったのですね。

日本語の「いわしは」は主語でもないし、目的語でもありません。
こうして考えるとむずかしいですね、日本語は。

でも、使いこなすだけなら簡単ですよね。

まず、主題、つまり大事なことを「○○は、」で提示。次に、
a.その○○が主語になる場合はそのまま続ける。
b.話者が主語になる場合は、「主語」の明示を避ける。
c.別途明示する必要がある時に「主語」を「△△が」で
  明示する。

という感じです。
上のa~cに対応する形で、2、3例を出してみます。

この記事は、役に立つ。
この記事は、昨日書いた。
この記事は、あぢゃんが書いた。

この一連の表現は、日本語の感覚としては、構文に大きな違いが
なく「この記事は」で始まり、その記事の説明があとに続きます。

ところが、全部英語に訳してみると、

This article is useful.
I wrote this article yesterday.
Azhan wrote this article.

全部主語が違います。当然、日本語の例みたいな一連の表現とい
う感覚もありません。

日本語を意識して、英語力を向上させる、というのは、こういう
ところを良く意識することなのです。

日本語の文を上手に書く場合、取り上げたいトピック、キーワー
ドを「○○は、」という形で文頭に持ってきて、あとは必要に応
じて「△△が」や、「□□に」などを使って、最後に動詞を持っ
てくればいいわけです。

主語から始めなくても文が作れるのは、日本語の優れた特徴です。
当然、上手に使えば英語より美しく文が作れます。

一方、英語には日本語のこの特徴がないということをよく意識す
る必要があります。

英語では、動作主(いわゆる主語)以外を文頭に持ってこようと
すると、受動態(受け身)を使ったり、強調構文を使ったりと、
かなり工夫が必要になります。

このあたりのことは、そのうち取り上げたいと思います。

今日は、日本語のすばらしさに触れましたね。

それでは次回もお楽しみに。

(メルマガと関係ない記事も時々書きますので、時々遊びに来て
くれるとうれしいです。)
[PR]
by azhan | 2004-11-24 21:41 | 日本語

凸凹マイスターが教える「英語サイエンスニュース」

語学マイスター あぢゃんです(*^_^*)

ようやく、まぐまぐで申請していたメルマガ、

凸凹マイスターが教える「英語サイエンスニュース」
忙しい技術者必見!英語の科学ニュースを題材に、凸凹コンビ(自称マイスター)が記憶力を高め最速で科学英語力を向上させた方法を伝授。科学ニュースは明解な解説付。技術者の他、TOEIC受験者、科学・英語好き集合!


が承認されました。
発行者のWebページはこちらです。
http://www015.upp.so-net.ne.jp/tozzie_azhan/

このメルマガは、
語学マイスター あぢゃん と
科学マイスター とっつゐ が、

英語圏のサイエンスニュースを読んできて紹介し、

同時に英語の解説もして英語の勉強にもなるという
ものです。

また、ただのメルマガではなく、より詳細な内容を以下
の3つのブログに書くことでより深く科学と英語の世界
を堪能してもらおうというコンセプトです。

シンクロしているブログ
1.「言語学のかほり」←このブログです(^^)
メルマガには書ききれない、日本語のおもしろさや、英語
と日本語の比較などを、言語学を香り程度に使いながら
書いてゆきます。

2.「とっつゐの科学への熱き思い&書評」@exciteブログ
熱い科学者のとっつゐが、その熱い思いを書いてゆきま
す。読書家とっつゐの書評も楽しみ(byあぢゃん)
とっつゐの「自分で自分の可能性を限定しない」姿勢
見習うべきものがあります。

3.「ハイパー単語帳」@はてなダイアリー
はてなダイアリーは、キーワードを登録するとリンクが楽
に作れるのです。この機能を利用して、関連語をハイパー
リンクして便利な単語帳を作ろうという試みです。
但し、まだキーワード登録の権利をもらっていないので
今はただのブログです。今後に期待!


以上、こんな感じでメルマガ&ブログを運営してゆきます。
どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by azhan | 2004-11-17 22:18 | 英語

TOEIC900の壁は厚く・・・

あぢゃんです。

TOEIC受けました。
語学マイスターを名乗っている割には・・・と言われそうですが、
今回、885点でした。
前回、880点だったので、5点だけアップしました。

内訳は、あぢゃん的には参考になりました。

リスニング 455点(前回440点)
リーディング430点(前回440点)

今回は、より平均点の高いリスニングが点を稼ぎやすかろうと
思って、集中的に練習しました。その結果、効果はあったようで
すが、こともあろうに、リーディングの点が下がるという、失態を
しでかしてしまいました。

残念です。
やはり、900点の壁は厚かった。

また修行して突破を目指します。
[PR]
by azhan | 2004-11-17 13:11 | 日記その他

三人称単数現在のsはゲルマン語の名残り

こんにちは、イタリア語作文練習帳のtomoさん
僕もいくつかの言語を習っているうちに同じような感覚を持ちました。

英語の三人称単数現在のsは、英語がまだゲルマン語の特徴を残し
ている頃、活用語尾がtの音だったものが変化したものだと思います。

英語  She thinks
ドイツ語Sie denkt

この、tが時代を経るに従い、thになり、さらにsになったと、比較言語
学の本に書いてありました。

歴史比較言語学入門 下宮 忠雄 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4758918023/

ドイツ語と英語は元が一緒なので、比較するととても面白いです。
[PR]
by azhan | 2004-11-16 15:50 | 英語

フランス語を始めたきっかけ

こんにちは、語学マイスター あぢゃんです。

今日は、フランス語を始めた理由をおはなししますね。

3カ国語を同時に勉強していると言うと、典型的な質問
はふたつあります。

「混乱しない?」
「なぜやっているの?」

ま、聞きたくなる気持ちは分かります。

基本的に好きだからやっているし、混乱して困ったことも
あまりありません。どうして聞くのか、不思議だと感じる
ことが多いですね。まあ、聞かれるのには慣れました。

でも、始めたきっかけはあります。

実は、イラク戦争です。

・・・いきなり・・・

その頃、ちょうどドイツ語の新聞をよく読んでいました。
あ、ドイツ語の話が出てしまいましたすいません、必要な前
置きなので・・・

まだ、ドイツ語がよく分からなかったので、毎日、とにかく
「何について書いてあるか」
だけは理解するように努めました。これだけなら、基本的な
文法の知識と辞書があればある程度何とかなります。

あ、やはり脱線しましたね失礼しました・・・

で、その頃ちょうどアメリカがイラクを攻撃するかどうかと
いう話がいつも新聞のトップニュースでした。

そうこうしているうちに、実際に戦争も始まってしまいまし
た。

そのとき、最高にかっこよかったのが戦争に断固反対の姿勢
を貫いていたシラク大統領でした。ファンになりました。

どうも、フランス国民も大部分はシラク大統領の態度に賛成
していたようです。

そのとき、フランス語でフランスのニュースを読んでみたい、
心からそう思いました。シラク大統領は日本通らしいし、
ちょっとフランス語を勉強して、フランスの生のニュースを
知りたい、そう思いました。

英語のメディアに載らないのは、やはりフランス人が何に興
味を持っているか、アメリカと一線を画す、どんな考え方を
持っているか、そういうことです。

いまでは、ようやく「何について書いてあるか」ぐらいは少
し分かるようになりましたが、まだまだ道のりは長いです。

以上、フランス語を始めたきっかけでした。

ではでは(^.^)/~~~
[PR]
by azhan | 2004-11-07 14:11 | フランス語