言葉を教えるということ

ふと思ったことがある。

外国語は、母国語が土台になるから、ある程度論理的に
考えて身につけることもできる。

母国語は、土台は白紙の脳味噌だけ。そこにどんどん
吸収されていく。多くの場合、母親が話しかける言葉を
覚えていくわけだ。赤ちゃんの能力はすごいと感心させ
られるが、教える母親も偉大だ。

母親でいながら翻訳者をしている、ルイさんは先日紹介し
たが、あらためて大したもんだと感心してしまった。

ふとそう思っただけなんだが。
[PR]
by azhan | 2005-06-25 19:35 | 日記その他
<< いづみの舞妓変身体験記 りんねこさんを紹介します。 >>